遺産分割前となる簡易保険の満期日には要注意!

簡易保険はご存知のとおり、政府・日本郵政公社が民営化前に販売していた簡易生命保険のことです。今、簡易保険事業は独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構に引き継がれています。

この簡易保険は一般の民間の生命保険が保険法によって規定されているのとは異なり、簡易保険は簡易生命保険法により規定されております。そのため一般の保険とは異なる取り扱いがありますので注意が必要です。

例えば、下記のような簡易保険の養老保険があった場合で、父が死亡した場合にはどうなるでしょうか?

保険契約者(保険料負担者)   父
被保険者              孫(長男の子)
満期・死亡保険金受取人     父

被保険者である孫は死亡していませんので、今回父の死亡により保険金は降りません。ただし、保険の権利は残っています(保険契約は継続している)ので、その権利(財産)を承継する人を遺産分割協議にて決める必要があります。

さて、この場合遺産分割協議で配偶者である母が取得することになりましたが、その遺産分割協議の前に満期が来た場合には誰が満期保険金をもらえるのでしょうか?

 

これは遺産分割により相続した母である・・・・というのは間違いです。
正解は被保険者である孫がもらえることになります。

何故かといいますと、
簡易保険法第55条に次のような規定があります。

 

(無指定の場合の保険金受取人)
第五十五条【抜粋】
終身保険、定期保険、養老保険又は財形貯蓄保険の保険契約(特約に係る部分を除く。)においては、保険契約者が保険金受取人を指定しないとき(保険契約者の指定した保険金受取人が死亡し更に保険金受取人を指定しない場合を含む。)は、次の者を保険金受取人とする。

一 被保険者の死亡以外の事由により保険金を支払う場合にあつては、被保険者
二 被保険者の死亡により保険金を支払う場合にあつては、被保険者の遺族


と、一号の規定によって満期保険金は被保険者である孫が受取人になります。
ですので、孫が受け取るべき満期保険金を母が取得した場合、税務署から贈与と認定され、贈与税が課税される恐れがあります。

また、被保険者である孫が遺産分割前に死亡した場合の死亡保険金であっても、簡易保険法に従い、無指定の場合には被保険者の遺族が保険金受取人となりますので、孫の遺族である長男が受け取ることになります。ですから、母が取得した場合にはやはり贈与税が課税される可能性があります。

 

したがって、被相続人が加入した簡易保険がある場合には、早めに満期日を確認した上で受取人を指定しましょう!

No tags for this post.
カテゴリー: 相続税・贈与税   パーマリンク

遺産分割前となる簡易保険の満期日には要注意! への5件のコメント

  1. 浅沼秀男 より:

    被保険者が孫とありますが、例えば配偶者や子の場合でもおなじでしょうか

    • admin より:

      浅沼様、返事が遅くなり申し訳ありません。
      具体例であげた保険の被保険者が配偶者や子であっても扱いは同様だと考えます。
      やはり、保険金受取人を指定しなければ、満期保険金は被保険者に、死亡保険金は被保険者の遺族に支給されることになると思います。
      よろしくお願いいたします。

  2. 龍聖 より:

    満期後受取人が1年ほど手続きをせず亡くなりました。
    この場合は、相続人に支給されるのでしょうか?
    ご教授願います。

    • admin より:

      龍聖様、返信が遅くなりまして申し訳ありません。
      ご質問の前提は、簡易保険の満期が到来して、その満期保険金を取得する手続きをせずに、元々指定していた受取人が亡くなられた、ということでよろしいでしょうか?
      その前提を元に回答いたします。

      この場合の満期保険金(正確には満期保険金としてまだ取得していない「現金・預貯金」)は、本来受取人が取得すべき財産ですので、遺産分割の対象となります。
      したがって遺産分割協議において決められた相続人が取得することになると思います。
      よろしくお願いいたします。

  3. 龍聖 より:

    満期後受取人が1年ほど手続きをせず亡くなりました。
    この場合は、相続人に支給されるのでしょうか?
    ご教授願います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>